里親募集中

全国で大勢の犬猫が待っています。毎年20万頭もの殺処分を少しでも減らすために里親になりませんか?

このブログパーツはサイズを変更できます。里親募集掲載希望やブログへの貼り付け方はコチラをご覧下さい。
ブログパーツ掲載中の犬猫全件はコチラ→『都道府県・保護者別 掲載中一覧』

おかえり


朝一番でしまこを迎えに。

今回は、前回以上に術後の もや(フィブリン)がほとんどなく目は綺麗な状態。
眼圧も今のところは落ち着いているとのこと。

ただ、私が加工したカラーが小さすぎたのか、
腕の止血のためのガーゼを自分で取ってしまったそう。


だもんで・・・





らっぱ強化。


これでとりあえずは、らっぱが前後に動かなくなる。

そんな顔しなさんな。




らっぱ生活ももうじき1ヶ月。もう慣れたもの。



正面から見るとゴツイな・・・。




また今日から薬3種類(朝晩)と目薬4種類(1日4回)が始まります~。

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment12件 |TOP

緑内障手術2回目(追記あり)


6月12日撮影。


PC机の向こう側を下から覗くと猫がいる。



気づいた。



「つまんないなー。たいくつだなー。」



チラッ



いっぱい遊んであげるから元気で帰っておいで。


今日、2回目の手術です。


---------------------------
24:30追記

14:30に、手術は無事に終わり目を覚ました、と電話をもらいました。
今回の手術の効果が出るかどうかは、また経過を見ていくことになります。

術前に相談したときには「あとやれて2回・・かなぁ」とおっしゃっていたのですが
今回の手術をしてみて、もう施術できる場所がない、とのこと。

しまこが受けた手術は(術名は未確認ですが説明内容から線維柱帯切除術と思われます)
人間の緑内障治療のうち、点眼、内服薬、レーザー治療でも効果が出ない場合に行う手術です。
人でも効果が出ず何度も手術をする場合があるのですが

(7月8日修正:人間の手術とは異なるものだそうです。)
犬は黒目の回り360度のほとんどの部分に施術できるのに対し
猫はできる場所が少なく、しまこは更に血管の位置も重なって、もう施術する場所がないそうです。

人間の場合には、未承認のインプラント(欧米では承認されているが国内では審査中)があるようですが
その手術も犬への施術報告は数件見つかるものの、猫への施術例は見つかりません。
眼球の大きさが違いすぎるので流用できないのか、猫にはできない手術なのか・・・

今回の手術の効果が出て持続すればいいのですが
持続しなかった場合、また、しばらくは持続しても将来効果がなくなった場合に
もう残された手はないのか。考えても仕方ないと分かってはいるんですけどね・・・。


→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪

==============
 里親募集
==============
■大阪 『猫のひたい』より、茶トラくん、キジトラくんの里親募集中です。

→茶トラくんは里親さん決定しました。キジトラくんは募集終了です。

(画像から募集ページを開きます)



里親募集ブログパーツ掲載希望者さんを募集しております。詳細はHPをご覧下さい


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment11件 |TOP

接着


記録。

6月29日。1回目手術の抜糸。自宅にて左目目尻切開の傷が開く。
6月30日。医療用ボンドで接着。



左。接着。開いている部分も残っている。



右は無事。





30日朝。動物眼科センターへ行く。
院長先生対応。

前日夜に若先生から電話で説明を受けたとおり
(ブログでは便宜上、院長先生と若先生とする。親子ではない。)
次回手術でまた切開するのでこのままで問題ない、とのこと。
ただ、若先生が言っていた鎮静での縫合は無理、
全身麻酔の縫合も、医療用ホッチキスも、負担や痛みのデメリットのほうが大きい、と
待合室で説明される。

私が傷の化膿や痛みをあまりに心配するので、1回診ることに。
「これは想像以上だなーワハハ。2ヶ所とも取れて全部開いてるねー。」
前日の電話でも待合室でも全部開いていると説明してるのに。。。

結果、「目の周りだからあまり使いたくはないが」と医療用ボンドで接着。
あまりに心配しているので、飼い主のために渋々やってくれたのだろうと思う。

次回手術時は通常の縫合に溶ける糸での内部縫合も追加。
抜糸は1ヶ月後とする。


今回カラーを外すにあたって
「この子、あまり傷を気にしてないでしょ?じゃ、カラー取ってもいいよ」
と言われたが、強く掻けば傷が開くということを考えもしなかった。
当たり前と言われればそれまでなのだが、許可が出る=大丈夫、と思い込んでいた。

院長先生は、めずらしいことではない、傷が開いてもそう問題はない、と言っていたが
獣医師には当たり前のことであっても、知識のない飼い主には一大事だ。
前回のかかりつけでの緑内障点眼薬の処方もそうだが
起こりえることを事前に言っておいてもらえたら、と思う。
そうすれば、カラーは外さなかったのになぁ。

(愚痴っぽくなっちゃいましたが
 院長先生は私のしつこい質問にも嫌な顔ひとつせずに
 丁寧に答えて下さるいい先生です)

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪

==============
 里親募集
==============
■岡山 『岡山*保護犬日記』より、のだめちゃんの里親募集中です。

→7月17日:里親さん決定しました。

(画像から募集ページを開きます)



里親募集ブログパーツ掲載希望者さんを募集しております。詳細はHPをご覧下さい


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment6件 |TOP

傷開く


今夜(29日)仕事から帰ってくると、またしまこの顔がおかしい。
抜糸した目尻の切開したところが開いた。

動物眼科センターに電話。幸い先生が残っていた。
来週の手術でまた切開した際にくっつけられる、
ネッカーを着けていればおそらく大丈夫、
心配なら岐阜の夜間救急に行くか
明日動物眼科センターに連れてきてもよい、と。


こんなことになるならネッカーを着けたままにしとけばよかった。
今は平気そうにしているけれど、くっついていた傷が開いたときは相当痛かったろう。

左目が痛々しい。



ぱっくり完全に開いている。(クリックで大きく表示。結構生々しいのでダメな方はご注意下さい)



明日(30日)、朝一で行ってきます。
縫合する場合は沈静をかけるので絶食絶水。


→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment11件 |TOP

再手術


今朝、緑内障手術後の抜糸と検査へ。

手術で開けた穴は塞がっておらず房水を排出しているように見えるが
眼圧がほぼ前の状態に戻っている。

降圧点眼薬を1種類追加。
来週、再手術で更に排出する穴を増やすことに。
再手術でも効果が継続する保証はない。

まぐろ凹む。凹凹に凹む



足先はラッパのままで唯一お手入れできるらしい。



今日から再手術まではラッパ解除。
(まぐろのギプスは昨日解除できました)


------------------
コメントで頂いたご質問への回答

昨日の動画でやっていた目薬のさし方は人間と同じです。
人間がさす場合も、上を向き目を閉じ目頭を押さえるのが正しい方法で
動物眼科でも同じことを言われました。

しまこの場合は普通にさすだけだと
 目をギュっとつぶって目薬を出す
 ぶるぶるして振り払う
 口に入りヨダレを垂らす
となってしまいます。

それぞれの目的は
上を向く→目全体に浸透させるため
目頭を押さえる→鼻腔から口に入って飲み込まないため(副作用の防止)
目を閉じる→目薬を乾燥させないため

他にも
複数の目薬をさす場合は5分以上間隔を開ける
薬ごとに決められた冷蔵保管、常温保管を守る
目の周りについた目薬はふき取る(皮膚や睫毛に副作用のある目薬もある)
のも大事。

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment4件 |TOP

緑内障術後7日目


記録として。

6月21日(術後7日目)

目の濁りなし。(術後3日目退院時に既になかった)



左黒目上部にあった赤いモヤも消えた。



黒目上部の変形はまだ戻らず。(やや回復)

(目じり切開のため少~しだけ目の形が変わった)


退院時から現在まで左瞳孔が右目に比べてやや大きい。
下から上へ動くものを追えていない。
左横視界が悪い。

食欲旺盛。


-----------------------------
私にもたくさんのお見舞いコメントありがとうございました。

術前にはギプス固定と聞かされていましたが
実際はギプスシーネ(板状のものを腕の形に合わせた添木)で固定しています。
少し動かせるので生活動作も楽。

切開は極力小さくするとおっしゃっていたので(おかげで手術が1時間も長引いた^^;)
まだ直接見ていませんがガーゼについていた血の長さから10cmくらいのようです。
痛みはだいぶ引いてきました。
右手は症状が出てからすぐクッションを敷いたりパソコン使用時間を減らしたり
と保護した成果で今はなんともなく使えています。

あとね、コトリ子さん。今のギプスは樹脂なのだよ。
20年前に骨折したときには既にそれだったもんで、若い人は石膏ギプス知らんと思うわ・・・

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment8件 |TOP

食欲復活


5月から食欲が少しずつ落ちてきていたしまこですが
通院が始まってからは、さらに減退が進み
『動物眼科センター』へ行く前日には半分くらいになってしまいました。
(但し、なぜか体重は増加)

で。

動物眼科センターから帰宅すると、食欲復活しました。
減退していた理由はわかりませんが
復活した理由は、どうやら前日からの絶食が効いたもよう。
(初診時はどういった検査になるか分からないので絶食絶水で、との指示でした)

絶食翌日だけかも、と様子を見ていましたが、1日量を毎日完食。
常食と好きな種類のドライフードを半分ずつ混ぜているせいもあるかもしれませんが
もう大丈夫・・かな。

そして。
ちょっと食べ残しそうかな、というときにはコレ。


『ねねママFIP闘病記』のねねママさんが、お見舞いにとサプリと一緒に送って下さいました。

最近まで気に入っていた鶏ささみのフリーズドライに丁度飽き始めた頃だし
ずっと前に試した別メーカーの馬肉ふりかけは全く口もつけなかったけれど、今度はどうかな?と開封。

『ママクック フリーズドライの馬刺し肉』(メーカーHPはコチラ
売り文句は「食べ方が違います。欲しがり方が違います」

ほんとだ!





たくさんの励ましコメントありがとうございます。

緑内障には回復させる治療法はなく、今見えている状態をどれだけ長く維持できるか、
今後の進行をどれだけ遅らせられるか(眼圧を下げられるか)にかかっています。

人間の緑内障は薬も多く、近年では失明する率も下がっているそうですが
猫は人間の薬がほとんど効かず、また、しまこのような猫の原発性(他要因がない)緑内障は症例も少ないため
今後の新たな治療法や新薬というのは期待できません。

今回、眼圧を下げるために房水(目の中の水)を排出する穴を開けます。
この手術が成功してしばらく維持できるとしても、いつ穴が塞がるか、いつまた眼圧が上がるか分かりません。
緑内障とは死ぬまで、または降圧手段がなくなり眼球摘出となるまで付き合っていかなければなりません。
まだ2歳のしまこが元気で20年ほど生きてくれるとしたら、それまで維持するのは難しいと思います。
年を取ったらもう全身麻酔での手術もできません。

いつか失明するかもしれない、という覚悟はできています。
私にできるのは、その時その時の最大限の医療を受けさせてやることと
三度の飯より遊び好きなしまこを、見えているうちにいっぱい遊ばせてやることだけです。

まずは手術の成功、麻酔から無事に醒めてくれること、術後の体力の回復が目標です。
しまこと一緒に1歩ずつ進んで行きたいと思います。

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment4件 |TOP

手術することになりました。


行ってきました。愛知県長久手町の『動物眼科センター』
『ボクとキミと私の徒然なる日々』のAさんに乗せて行ってもらいました。
同県とは言え、ぜんっっっぜん近所じゃありません。Aさんちからうちまで1時間・・・。
運転してもらったのももちろん大助かりでしたが、1人で行っていたら考えすぎて落ち込んでいたかもしれない。
でも、行き帰りずっと楽しくおしゃべりしていたおかげで、しまこの病気も前向きに受け止められました。
本当に助かりました。Aさん、ありがとうございましたm(_ _)m



ほんでだ。

目の病気のことはまた時間を見つけて書きますが、とりあえず経緯だけサクっと書きます。

先天性緑内障である。猫ではかなり希少である。
見えてはいるが進行している。
点眼と手術の2つの選択肢があるが、どちらも効果は保証できない。
点眼で様子を見てもいいが、手術よりも効果が期待できない。
手術をしても視野を維持できる保証はない。
手術は1日でも早いほうがよい。

ということでその場で決めてきました。

再来週に私の肘の手術があり、1週間のギプスで運転できないのでその前に。
来週、しまこの眼圧を下げる手術と4泊の入院です。

今週の土曜日は、しまこの術前検査と私の術前検査。
今月は大忙し病院月間です。



お互いがんばろうな。

2月20日撮影


-------------------
お知らせ
-------------------
●6月10日(金曜日)
ペットサロンMIGNONさんより
http://blog.livedoor.jp/petsalonmignon/archives/51726842.html
17時~19時:ウサギの譲渡会
19時~トークショーと「犬と猫と人間と」ダイジェスト上映会。
(会費2000円(ドリンク付き。要予約)
場所:ヤマナシヘムスロイド ミモザ・ギャラリー
渋谷区神宮前4-3-16
Tel.03-3470-3119
http://yhi1971.com

●6月12日(日曜日)
NPO団体NEKONOKOさんより
http://nekonoko.chu.jp/handicap.htm
病気や身体障害などのハンディーキャップのある猫ちゃんたちと
被災地で救出された猫ちゃんたちのの譲渡会です。

時間:13時~17時
場所 三共無線ガレージ内
目黒区青葉台1-27-1青葉台Aハウス1F
地図:http://www.mapion.co.jp/m/35.64477221_139.69735555_10/

以上、『被災地動物情報のブログ』より転載。

●写真がとっても綺麗なブログ『ちわりくんのありふれた毎日』のyuki-yさんが
津波被災地、宮古市日立浜に暮らしていた猫たちのポストカードを販売されています。
制作費、経費を除いた全額を宮古市日立浜への義捐金として募金されるそうです。
詳細はコチラの記事へ。
→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment18件 |TOP

ペットの為の意思表示カード


東日本大震災に関する動物達の情報を発信し続けて下さっている『被災地動物情報のブログ』に紹介されていた
『Big Tree for Animals』ペットの為の意思表示カード

飼い主である自分に万が一が起こり
自宅にいる動物を誰も世話ができない状態になったら・・・

その万が一のときのためのカードです。

『富士丸な日々』の著者である穴澤さんのエッセイ本「ひとりと一匹」の最後に
「財布のカード」というお話がありました。
一人暮らしである自分が事故にでも遭って死んでしまったら
何も知らず富士丸は待ち続け、飢え死にしてしまうだろう。
だから。
富士丸を託せる友人の連絡先を記したカードを財布の中に常に入れている、というお話です。

それを読んで、富士丸の命に対して万万が一の可能性にも備えている
飼い主としての責任感に感心しました。

感心したのに「そのうち自分も」で、そのまま忘れてしまっていたところに
Big Tree for Animalsのペットの為の意思表示カードですよ。
転載不可、とのことなので、紹介文や画像を載せられないのですが
ぜひ、ぜひ、ぜ ひ 、リンクをクリックして見てみてくださいね。
なぜ必要なのか、どんなことを書いておくべきか、とても参考になります。

デザインもシンプルで見やすく、カワイイけれど可愛すぎず
犬、猫、カラー、白黒、片面、両面、日本語、英語、とバリエーションも豊富。
ダウンロードは自由なのでプリンタで印刷して使えます。

一人暮らしでなくとも、家族が揃って外出先で事故に遭う可能性だってあります。
犬猫以外でも、世話をする人間がいなければ生きていけない全て動物のために
「財布のカード」を持つことを検討してみては如何でしょうか。




* * * * * * * * * * * * * * * * *



さて、いよいよ明日、動物眼科センターまで往復2時間の長距離ドライブへ行ってきます。
(ブロ友さんに乗せて行ってもらえることになりました^^v)


食欲不振はかかりつけに相談してみましたが、吐き戻しもなく、排泄も問題ないため
暑さ、または通院ストレスだろう、とのことで様子見になりました。
日中に帰宅したときや、玄関チャイムの音でベッドの下に隠れてしまうので
やっぱり通院ストレスなのかなぁ。

でも、モンプチカリカリといなばの焼きかつおを出すとすっ飛んできます。
・・・。味を占めた?


余談ですが・・・
音声入力で記事を書いていると、誰も聞いていないのになぜか恥ずかしい(//~//
あと、当たり前ですが普通に打つよりは時間がかかりますね^^;
(iPhoneで文章を音声入力した後、メールでPCへ送信し、PCで修正・構成をしています。)
→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment6件 |TOP

目がぁ、目があああああ!!!


目の病気のことは後日ちゃんと書くとして・・・。


木曜の夜に左目の角膜欠損。
土曜の夜には左目の角膜も再生。
右目だけ緑内障の点眼を開始することに。

土曜の夜、かかりつけで処方された緑内障の目薬を右目にさす。
すたこらさっさと寝室へ逃げこむしまこ。
しばらくして、ひょこっと出てきてこちらへ向かう。

その顔を見てびっくり!
しまこの顔がとんでもないことになっていた。


ちょっとだけ心の準備をして下さいね。














え!?



ええええええええええ!!!!!



「なになになになにどーして!?どーしよー!どーしよーーー!」
点眼の正常な影響なのか、副作用なのか、何かを間違えたのか
訳が判らず夜間救急に慌てて電話。


そういうものなんですって!

眼圧を下げるために中の液を排出しやすくする薬。
今回処方されたラタノプロスト(キサラタンのジェネリック)は瞳孔が縮む(縮瞳しゅくどう)ものだそう。

最初に説明しといてよぉ!先生。



-------------------------
たくさんの励ましのコメントありがとうございます。
私もしまこも点眼に慣れてきました。
次は眼科専門医がいる病院を探さなくっちゃ。


今日はかわいい写真はないので、てまりちゃん↓でお口直しどうぞ。

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪

==============
 里親募集
==============
■千葉 『Days with cats』より、てまりちゃんの里親募集中です。

→6月27日追記:てまりちゃんの里親さん決定です!


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫の健康・病気|Comment18件 |TOP

クリックするだけで企業があなたに代わって募金します。

FONT by 素材屋405番地