里親募集中

全国で大勢の犬猫が待っています。毎年20万頭もの殺処分を少しでも減らすために里親になりませんか?

このブログパーツはサイズを変更できます。里親募集掲載希望やブログへの貼り付け方はコチラをご覧下さい。
ブログパーツ掲載中の犬猫全件はコチラ→『都道府県・保護者別 掲載中一覧』

猫カフェ


猫好きのオアシス猫カフェ。店内に入ると猫がお出迎え。

番頭「おいでやす。」

ちょっと違う。


休日に、仕事帰りに、猫と遊んだり猫を眺めたりの癒される時間。
猫好き人間にとってはまさに天国。

番頭「お代はカリカリ1袋だよ。」

やっぱり違う。


では、人間にとって天国である猫カフェは、猫にとってどういう場所なのか?という
猫カフェが好きな方にぜひ読んで頂きたいお話です。



昔まだ猫を飼っていなかった頃、大阪に猫カフェなるものができたと聞き行きました。
カフェスペースと猫スペースがあり、猫スペースには約20頭の猫達。
お客さんと遊ぶ猫、高いところに登って昼寝する猫。猫達は自由気ままにくつろいでいるようでした。
入店時に手を消毒、猫を追いかける人も騒ぐ人もいない。猫のことも考えているのだな、と思いました。

この時点で気になったことは、猫はやはりペットショップで仕入れるのか、だとか
猫の店外脱走にあまり気をつけていないな、とかそんな程度で、その先を考えることはありませんでした。
その後、全国に猫カフェができ人気スポットになります。

----------------------------------------------

私が猫カフェという形態に初めて疑問を持ったのは
名古屋の繁華街に朝5時まで営業している猫カフェがあると知ったときです。
終電を逃した人、飲んだ帰りの人を入れて猫は大丈夫なのかと心配になりました。

それまでは客の立場でしか見ていなかった猫カフェに対し
どのように営業・経営しているのかが気になりました。

・猫はどこから仕入れるのか
・営業時間に規定はないのか
・猫の頭数と飼育面積に規定はないのか
・客の目や手が届かない避難できる場所はあるのか
・営業時間外は猫をどうしているのか
・1頭1頭の健康管理はできているのか
・病気になった猫はどうするのか
・年をとった猫はどうするのか
・廃業するときに猫はどうするのか

実態はそれぞれの店の経営者にしか分からないことですが
20年生きる猫、7歳から高齢と言われる猫を終生置くのは無理があります。

では引退させた猫は誰が面倒を見るのか。オーナー個人が数十匹の老猫の面倒を看るのか。
仔猫、若い成猫ですら里親探しは簡単なことではないのに高齢猫の里親の当てはあるのか。
環境を変えること自体が猫にとって相当なストレスであるのに終生飼育しない前提の商売。

病気になった猫に家庭猫同様にできるだけの治療・看病をしてやれるのか。
その医療費、看病の手間は誰が負担するのか。

動物で金儲けをするな、などと奇麗事を言うつもりはないのです。
あくまで動物に負担をかけない商売、動物のための商売であれば相応の収入を得るべきだと思います。
例えばドッグトレーナーやペットシッター、トリマー、獣医師などは動物のためを目的とした仕事で
動物よりも営利を優先させればその仕事自体が成り立たちません。
ドッグカフェにしても犬と飼い主が一緒に楽しめる場を提供し、喜ばれています。

ですが、猫カフェは猫のための商売ではありません。猫を使って人間を満足させるための商売です。
営利目的で経営する以上、負担は必ず猫に行きます。

----------------------------------------------

例えば、今回の法改正で販売業・展示業・貸出業に対し犬猫の展示を20時までとする規制に反対する
猫カフェ連盟準備委員会が環境省に提出した陳述書にはこうあります。

>1・成猫が中心である。
>2・ケージに比べ格段に広い空間で展示している。
>私達としては、時間の規制を認めるという事は、
>『猫達がフロアに出る事=ストレスが掛っている』と認める事になり、これは認める事は出来ません。
営業終了後は体調管理の為、ケージにて猫を休ませる店も多いです。
営業時間の短縮は、狭いケージに入る時間を延ばすだけという結果になり、
猫達のストレスを増加させる恐れがあります。
また営業時間の短縮は、店舗の無人時間を延ばす結果になります。


狭いケージに入れる状態、無人の状態をよくないとして、その時間が増大するから規制に反対と主張するも
今現在、時間の長短はともかく、多くの猫カフェ経営では営業時間外は
「猫によくない」と自らが言っている狭いケージに入れて無人の状態で管理していることになります。

体調管理の為にケージに入れるのだと、あたかも「猫のため」のように主張していますが
ストレスだと認めている狭いケージに入れる方法でしか管理できないのなら
そもそも猫カフェ経営そのものが猫にストレスを与える手法でしか成り立たないのです。

フロアに出していればストレスを与えない、その主張に従えば
24時間営業のほうが猫にとっては良いということになります。皆さんは賛同できますか?
ちなみに猫カフェ連盟準備委員会代表が経営する「猫カフェきゃりこ」は
以前は朝まで営業していましたが今は23:30までです。
営業時間短縮が猫のストレスになると主張しつつも
「猫のため」より優先される何らかの理由で自ら短縮しています。


また、猫カフェオーナーや猫カフェユーザーは
猫は夜行性だから夜間展示はストレスではない。活発に行動する夜間にケージに入れるほうがストレスだ とも主張しています。

夜行性に合わせて夜から朝まで営業していての主張ならまだしも
多くの猫カフェは人間の生活時間に合わせて
夜行性動物の睡眠時間である昼前から営業し、人間が寝静まる0時前には閉店します。
そして活動時間であるはずの閉店後の夜間はケージの中へ。
「夜行性」を都合よく持ち出しても正当性は見られません。


そして何よりも、猫飼いなら知っているはずの猫は集団飼育がストレスとなるということが
全く無視されています。

----------------------------------------------

猫カフェ連盟準備委員会は、本間合同法律事務所弁護士3名の連名による意見書も添えています。
猫カフェ業者の職業選択の自由を侵害するという主張です。要約すると

・猫カフェはストレスの多い現代社会において癒しの場であり、
 仕事帰りに寄れるよう人間の活動が終わる夜間帯の営業の必要性が高い。

・動愛法に定める「動物の健康及び安全を保持するため」として展示時間を規制するにあたり
 20時以降の展示が猫の健康及び安全を害するという事実が必要である。

・猫は夜行性であるから20時以降の展示が猫の健康及び安全を害する事実はない。

・にもかかわらず展示時間を規制するのは職業選択の自由を保障する憲法22条1項に違反する。

・職業選択の自由を侵害する展示時間規制ではなく、照明や展示スペース基準を設ける、
 販売目的以外の展示は規制対象外とするなど、ゆるやかな規制を検討すべき。

・時間規制をすると猫を長時間ケージに閉じ込めることとなりかえって負担を与える。

・20時以降の展示が禁止された場合、猫カフェは事実上20時以降の営業ができなくなるため
 猫カフェ業者は大規模な行政訴訟を起こす。
 違憲と判断された場合は国が賠償し国民の税負担となる。


本間合同法律事務所は環境省の検討小委員会報告書から
>生体の深夜展示や長時間の連続展示については、動物が受けるストレス等に関する科学的知見は
>まだ少ないが、必ずしも科学的に解明されないと規制できないものではないと考える。
を引用し、科学的根拠がないので職業選択の自由を侵害する規制は無効だと主張します。

一方でケージに閉じ込めることがストレスだと主張しますが、科学的根拠から出た主張でしょうか?
違いますよね。ケージに閉じ込めることも、縄張りに不特定多数の人間が居続けるのも
それらが猫にとってストレスであるというのは猫を飼っている人間にしてみれば常識ではないでしょうか。

『猫カフェ連盟準備委員会による陳情書 本間合同法律事務所による意見書』

5月7日追記
THEペット法塾の細川弁護士による見解。
『ベンゴト。』

----------------------------------------------

一方、猫カフェ業者による業界団体・自主規制を作ろうという動きができたそうです。
猫カフェ連盟準備委員会代表が経営する「猫カフェきゃりこ」は私自身は行ったことはありませんが
行った方のレポートなどを見るかぎり、猫カフェの中ではかなり猫の管理に気をつかっているほうだと思います。

『きゃりこHP』から引用

・猫達を将来的にどうするつもりなのかを明記する
・廃業時の猫引き取り相互支援
・マイクロチップの義務化
・掛かり付けの動物病院の明記、定期健診の義務化
・去勢・避妊の義務化
は必ず欲しいところです。
その他としては、
・必要設備の明記
・猫個体別の総展示時間規制
・臭気規制
・広さに対する頭数規制
・猫数に対しての最低スタッフ数
・猫数に対しての上限入場数


(猫の長時間展示がストレスではないと主張しているのに「猫個体別の総展示時間規制」を入れているのですね。)

これらは動物を利用した商売ならば既に最低限やっているべき事項だと思います。
また自主規制では全く意味がありません。
猫カフェ以外であっても本来全ての展示業には動愛法において義務として課すべき事項です。
連盟に加入し優良店と認められた店が繁盛し、そうでない店が自然淘汰される、
優良店と自負する側はそれでいいかもしれませんが、優良でない店で犠牲になるのは猫です。

猫カフェという形態自体が規制されることがないのであれば、
自主規制で優良店だけが残れるように動くのではなく
これら最低限を満たすことのできない事業者が新規参入できないよう動くべきだと思います。

----------------------------------------------

以前、猫カフェファンの方に、私は条件付許容だと言ったことがあります。
「猫の心身の管理と終生飼育を保証できるなら」存続も許容できると。
ですが上で述べたとおり店舗に猫を集めた喫茶店という一般的な猫カフェはその条件を満たさないので
実質的には反対となります。

例えば自宅に併設した店舗で、適正に終生飼養できる数の飼い猫が自宅と店舗を自由に行き来できる、
猫が自身の意思で人間のいる場に出向く、そんな看板猫なら展示によるストレスが問題とはならないでしょう。
猫がいない場合もあるので猫カフェとして集客することはできないかもしれませんが、
「猫のため」とはそういうことではないでしょうか。
しかし、そういった形態の展示は猫カフェ業者もユーザーも受け入れないでしょう。
業者は利益が出ず、ユーザーは満足できない、という人間の都合が理由で。

ちなみに、最近はうさぎと触れ合える「うさぎカフェ」というのもありますがこれには断固反対です。
うさぎもストレスに弱く、また骨が弱いので
暴れたり少しの高さから跳んだり落ちたりしただけで骨折することもあるそうです。
そんなうさぎを「抱っこしたり膝にのせたりできる」を売りに不特定多数に展示する商売など恐ろしいことです。

さて、猫カフェという営業形態について私の意見はおしまいです。

猫を飼っている皆さんは、考えてみて下さい。
もし何らかの事情で猫が飼えなくなり、猫を託せる知り合いもいないと仮定した場合
猫カフェがあなたの猫を引き取りますと言ってきたら譲りますか?
それとも家庭猫として終生飼育してくれる里親を探しますか?


----------------------------------------------

最後に。
ギリギリになってしまいましたが、明日5月7日24時が締め切りの動愛法パブリックコメントがあります

今年6月1日から販売業者、展示業者、貸出業者が犬猫の夜間展示規制(20時~翌8時)が施行されますが
主に猫カフェを想定して、
1歳以上の成猫で飼養施設内を自由に行動し、休憩場所等に自由に移動できる状態に限り
平成26年5月31日までの2年間、20時~22時を夜間展示規制の対象外とする経過措置についての意見募集です。

『動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等(概要)』
『意見募集要領』

猫カフェ業者および猫カフェユーザーは、夜間展示規制そのものには反対ですが
20時以降の規制を2年間は22時以降に緩和するこの案にはもちろん賛成しています。

展示時間を短くするなら短縮時間分だけ猫をケージに入れる、という
人間の経営上の都合に迎合して規制緩和に賛成するのか
販売業でも展示業でも動物を使った長時間展示は配慮すべきと規制緩和に反対するのか。

お店は「猫のため」なら、閉店後も人を配してケージに入れる時間を短くできるはずですけどね。
お客は「猫のため」なら、多少の料金UPも受け入れると思いますよ。

「猫のため」に関心のある方はあなた自身の意見を送って下さい。


【参考】
『くすのき動物病院』
『ねりまねこ・地域猫』
『ミグノンうさぎ譲渡』
『杉本彩オフィシャルブログ』
『坂本美雨オフィシャルブログ』
『ベンゴト。』

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 動愛法改正|Comment10件 |TOP

クリックするだけで企業があなたに代わって募金します。

FONT by 素材屋405番地

Comment

*

いつも、有用な情報をありがとうございます。

猫カフェ・・・
猫の生態を知れば知るほど、癒しとは遠ざかっていきます。

多頭飼育がストレスになるって知ってますからね。
うさぎカフェも、ホンマに・・・可哀想で見てられない。

どれほどお店が注意していても、お客さんを相手にする以上、限界があると思っています。
ビジネスである以上、優先されるのは動物よりも人間ですからね。

本当に動物のことを思うなら、
フォスターペアレントになるとか、そういった手段もあるのにな。


事後で申し訳ないですが、こちらの記事をご紹介させていただきました。
おひとりでも多くの意見が集まりますように・・・。
祈るような気持ちです。

2012.05.06 22:20:29 nene URL [Edit] -

*

締め切りギリギリでしたが意見送りました。
いつも情報をありがとうございます。

猫カフェも里親探しの場になっているので、シェルターが一般的ではない日本では、その存在意義はあると思うのですが、、、展示時間規制の対象外にするのは問題ですね。

2012.05.07 09:35:20 む~ URL [Edit] -

*

以前は猫のいるカフェねぇ~ほぉ~くらいの認識でしたが
猫と暮らしだすとやはり違和感のある場所としか思えず・・・
看板猫のいる喫茶店、なら行ってみたいですが。
運良くお店にいて会えればラッキーくらいの気持ちで。
営利目的での猫カフェはやはり無理があると思います。

2012.05.07 13:08:46 maquio URL [Edit] -

*

猫カフェ、一度行ったきりなのですが・・・。
単なる可愛さだけの猫好きの人たちは、
間違いなく「癒される~♪」とか言うんだろうな・・・と。
確かに営業中はペットショップよりも自由に動ける
スペースはあるとは思いますが、人間がわらわら集まって、
ワイワイする姿はとても猫さんたちにノーストレスとは
思えません(^^;
先日、短い記事ですが、「きゃりこ」の代表者の
インタビューを拝見して、入場制限がどうのとか
言ってましたが、制限人数を決めるのは所詮、
ヒトですからねぇ。
しかも、お客さんは必ずしも猫さんの生態を
理解してるとは思えないし。
猫さんのため、と言いつつ、いかに営業時間を延ばして
売り上げ確保するか、しか考えてないような気がしますね。

2012.05.07 15:49:34 まちゃこ URL [Edit] Aq5NKTKU

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.05.07 22:43:42 [Edit]

*

新聞等で法改正の動きは知っていましたが、具体的にどのような問題が考えられるのか、こちらの記事を読みよくわかりました。

「確かに猫は夜行性だよね」とは思ったものの、営業が終わった夜間、あの猫達がどのような環境で過ごしているかまでは恥ずかしながら思いが至りませんでした。

おかげで、ぎりぎりでしたが先ほど、パブリックコメントに意見を送ることができました。
情報に感謝いたします。ありがとうございました。

2012.05.07 23:31:16 umeneko URL [Edit] X5XodAgg

*

猫カフェ?
全然癒しじゃないよねぇ~
見てるだけで可哀そうだわ・・・

2012.05.11 00:22:44 ぶっくん802 URL [Edit] -

*

きゃりこはかなりまともな方の猫カフェでしたね

従業員も猫のことに詳しくて
猫達も従業員に対してシッポぴーん状態で
かなり懐いているようでした
子供と泥酔客は門前払いとのこと
おやつ販売してるんですが、人の多さによっては制限してるようです


ひどかったのはもう潰れてしまった
猫カフェ隆盛期のやくざもんがやってる系猫カフェ
某ぼったくりメイドカフェと同じく
ヤクザってこういう「流行り物」に手を出しては
「分かってない」経営して潰してるんですよね…

・店員が多分猫嫌い
・なので猫もなついてないしぼさぼさ
・おやつ500円
 ご飯もらってないのか猫同士の死闘が起きる
・子供OK
 なのでひっぱる・叩く・押しつぶす…

こういう潰れてしまった猫カフェの猫ちゃんってどこに行くんでしょうか…

2012.05.12 00:55:36 めめこ URL [Edit] BZCzpvGY

*コメントありがとうございます。

猫カフェやうさぎカフェの問題はなかなか認識してもらいにくいかもしれませんね。猫を飼っていなければ私も気づかなかったかもしれません。実際、最初は喜んで行きました(反省)。
猫カフェが好きな方は純粋に猫が好きで猫を利用した経営の問題点に気づいていないだけなんだと思います。店の猫の扱いを見ているつもりでも営業時間外や猫の一生についてまでは考えが及んでいないだけで。ペットショップの流通と同じく、問題点を周知していかなければ利用者は減らないでしょう。

また保護活動の形として、開放型シェルターを運営されている方や保護・譲渡を目的とした猫カフェを経営されている方は、展示時間規制に賛成しています。環境省も
「今回の規制は、販売業者・展示業者・貸出業者を対象とするものであり、それ以外の事業を行う場合、また営利目的ではなく譲渡事業等を行っている場合には対象となりません。」
と回答していますので安心して下さい。
http://www.env.go.jp/council/14animal/y140-28/mat07.pdf

> 鍵コメN さま
ごめんよぉ。Rちゃんからも生存確認メールきちゃったよ(笑)

> umeneko さま
はじめまして。umenekoさんの考える手助けになれて嬉しいです^^
そうなんですよね。「猫は夜行性だから」と言われるとその点にだけ注意がいってしまって、猫カフェ業者&ユーザーは夜間展示・夜行性の問題ととらえて反論される方がほとんどです。
でもこれは、そもそも長時間展示の問題なので、夜行性云々の猫カフェ連盟の主張はまとはずれなのですよ。。。

> めめこ さま
はじめまして。実はきゃりこについてはそれほど悪いイメージはなかったのですが、今回の猫カフェ連盟の行動を見て、所詮猫を利用した営利目的事業でしかないのだと思いました。
ペット繁殖業と同じで誰でも無資格で始められる商売の犠牲になるのはいつも動物です。酷い猫カフェがあることもよく知っている彼らは、せめてそういった業者を参入させない方法を提案するならまだしも、猫を盾にして自分達が助かる方法を提案しました。
動物を扱う商売は性善説ではなく性悪説に基づいて規制しなければ、動物が必ず犠牲になります。

めめこさんが見た酷いほうのカフェは最悪は自分で処分か保健所、売れるなら売ったでしょうし、良心があれば里親を探したでしょう。きゃりこであっても病気になった猫、年老いた猫がどうなるか分かりません。
営業時間中でも分かる酷い猫カフェは早くに淘汰されるでしょうが、さらに進んで、猫カフェにいる猫がどのような1日を過ごしどのような一生を過ごすのか猫カフェユーザーがそこまで見て店を選んでいくと、きゃりこのような店ですら淘汰されなくなってしまうはずです。
まずは、猫を集めた喫茶店という形態の猫カフェはそういう商売だという認識を猫カフェユーザーの方に持って頂くことが大事だと思います。

2012.05.14 15:27:55 まぐろ URL [Edit] dVumM21I

*猫カフェは要らない

今日のニュースで、長野で遺棄されたと見られる猫20匹が見つかったそうです。
ひどい空腹で衰弱している子もいたそうです。小さい時から建物の中でかわれていた猫だ思います。餌の取り方もわからないのだと思いました。ニュースを聞いた時、猫カフェの猫たちではないかと思いました。違うでしょうか?

2016.04.26 19:12:25 necomanma URL [Edit] -

Send Comment

Name
Title
URL
Comment
Password
Secret 非公開