里親募集中

全国で大勢の犬猫が待っています。毎年20万頭もの殺処分を少しでも減らすために里親になりませんか?

このブログパーツはサイズを変更できます。里親募集掲載希望やブログへの貼り付け方はコチラをご覧下さい。
ブログパーツ掲載中の犬猫全件はコチラ→『都道府県・保護者別 掲載中一覧』

すこやまとの出会い


今週の月曜、12月19日はすこやまの三回忌でした。
本当は19日に更新するつもりだったのですが、すとん とスイッチが切れてなんとなくサボってました^^;


今日は、すこやまとの出会いのお話。


動物大好きまぐろちゃん。犬猫といつか暮らしたい、でも
一人暮らしの賃貸じゃぁいくらなんでも無理だろな、と
遠い未来の夢として、毎日ブログを徘徊し犬猫画像にニマニマと。

そんなある日に、うちの姉。
「あたし近いうちに引越しするで、不動産屋の物件一緒に見に行かん?」
物件探し好きな妹まぐろ。二つ返事でノコノコと。
ところがどっこい姉の罠。
姉「いいと思う部屋があるんだけど、家賃折半で一緒に住まん?」
鮪「えーやだよ。今住んでる部屋気に入ってるもん」
姉「ここペット飼えるよ」
鮪「はい。よろこんでー」

-**-*-***-*-**-*-***-*-**-*-***-*-**-*-

そんなこんなでペット可物件に引越しすることに。
2人ともフルタイムで仕事があるので、犬より猫がいいだろうという結論に。
(当時は猫がこんなにも人好きで寂しがる動物だとは2人とも全く思っていなかった)
飼うのはまぐろ。基本的に世話はまぐろ。姉は妹のペットを可愛がる係り。というわけで選択権もまぐろ。

引っ越す前から『いつでも里親募集中』を毎日チェック。
実は、すこやまを引き取る前に私の中で決めていた猫がいた。
白黒ぶちで頭がすごく大きい成猫あいちゃん。もう1年くらい募集しているエイズキャリアの猫だった。
姉に相談するも却下される。姉も動物好きなのでキャリアや病気の世話が嫌という訳ではなく
2人ともフルで仕事をしているので、万が一発症した場合に満足な看病をしてやれない、
無理が出ると分かってて引き取るのは無責任だ、という理由だった。
半分の納得と、同居人の同意・協力が得られない選択はできないとの半分の諦めで、あいちゃんを迎えるのは諦めた。

そんな頃、「東のオカン」こと「師匠」こと「すこやま保護主」こと友人のRちゃんが
「今うちにこんな子がいるよー」
と預かり猫「すこ丸」の写真を見せてくれる。2007年4月のこと。

そのときの写真がなぜかない・・。


「俺、クールなハマ猫じゃん?」

横浜時代のすこやま。まるで別猫。



Rちゃんは犬のレスキュー団体で活動するパワフルオカンなのだが、たまたま団体が猫を保護し、
Rちゃん宅にて療養中とのこと。
昔実家で飼っていた猫「ねこぴー」にとてもよく似ていたので
「実家のねこぴーにそっくり!もっと写真見せて!」
と。この何気ない言葉が、私とこの猫のその後を決定付ける。

Rちゃんは関東。うちは中部。
すこ丸の里親になど考えもせず、ただ写真を見せてと言ったつもりがRちゃんは里親への立候補と勘違い。
「すこ丸の里親になってくれるのー?」と。
いやいやチガウよ。アラアラごめんね。と誤解は解けたものの、
うちでよければ、でもまだ引越しが、姉と相談、云々うんぬん・・・

ちなみに、これが鯖トラねこぴー。姉が拾った猫。


私には全く懐かなかったねこぴー・・・。




そして2007年6月。すこ丸がうちへやってきた。
すこ丸の第一声に、姉妹揃って「声までねこぴーにそっくりー!」

そして、いい名前が浮かばないまま、呼び慣れた「すこちゃん」で落ち着く。

うちへ来て2ヶ月後。2007年8月のすこやま。

「にゃごやは食いモンがうみゃーでよー」

(名古屋に来たら、ひつまぶし、味噌煮込みうどん、味噌カツ、きしめん、手羽先、天むすは必須です。)

東京のセンターに捨てられた縞猫は、所長が団体へ連絡してくれ、団体が引き出し、
神奈川のRちゃん宅にて治療・療養、「すこ丸」として家猫修行をし
まぐろ姉妹の引越しタイミングとRちゃんの勘違いで名古屋猫「すこやま」になったのでした。


うちにきてくれて ありがとうね。すこやま。



---------------
 お知らせ
---------------



『ねこ日和里親会』より素敵カレンダー販売中♪
「366日わんこ・にゃんこカレンダー」1部1,000円(税・送料込み)。
送料等の経費を除いた全額は保護活動費に使用されます。

しまこも気になるその中身は・・・。



毎日もふもふがいっぱい。




↑購入は『チビにゃん’sとfemiのがんばっていきまっしょい!!』ののこちらのページ、購入ボタンからどうぞ。

カレンダーの最後には、『ねこ☆にゃらーず』さんのとっても分かりやすいマンガ
「エサやりさんにお願い」
「Let's TNR」
が掲載されています。

野良猫という存在について、以前にも書きましたが、
猫の殺処分が減らないのは避妊虚勢していない野良猫と外飼い猫から産まれた仔猫が持ち込まれるからです。
猫の保護活動、TNR・地域猫活動は猫が好きだからこそ野良猫をなくし(増やさなくし)
将来的に全て室内飼い猫にしようという活動です。
ですが、その一方で野良猫を増やしているのが「無責任な」エサやりさんです。
(TNRで管理された地域のエサやりさんは含まれません)

エサを放置し掃除をしなければ地域住民にとっては生ゴミです。カラスもやってきます。
避妊虚勢をせずにエサを与えれば猫はどんどん増え、発情期の鳴き声や糞尿被害も酷くなります。
そうなると猫の好き嫌いの問題ではなく、住民の生活に実害が出てきます。

また怪我しても病気になっても適切な治療も受けられず、感染症の予防もできない野良猫の寿命は3~4年です。
外にいるということは管理できない=守られていないということ。
虐待にも遭う。車にも轢かれる。ぶつかった瞬間に意識を失えば苦しまなくてすむ分だけマシ。
意識のあるまま、内蔵損傷で苦しんで死ぬ猫。手や足が潰れたり、顔の半分が潰れたりした状態で死ねない猫。
猫が車に轢かれるというのはそういう状態です。(外に出している飼い猫も同じ危険に晒されています)

保護活動や地域猫活動は、保護団体や保護ボラさんだけががんばっても限界があります。
自治体の協力も必要です。
ですが自治体はあくまで自治体住民によって構成されるものであり、
本来、首長や職員の個人的意思で動く訳ではありません。
選挙で選出された市町村議会、都道府県議会によって方針が決定されます。
自治体の主体は住民である私達です。

「不幸な猫がいなくなるといいなー」と思っている方には、まずは現状を知ってもらい
「不幸な猫」がいなくならないのは何が問題なのか認識して頂けたらと思い、書かせて頂きました。

(長文ゴメンネー。私も文字読むの苦手^^;)


→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 4.動物愛護|Comment8件 |TOP

クリックするだけで企業があなたに代わって募金します。

FONT by 素材屋405番地

Comment

*

そうだったんですね~。お姉さまと一緒に暮らしていらっしゃったんですね☆
楽しいだろうな~♪ 妹とはやっぱりなかなか会えないからさみしいです。
それから、ねこピー!
実家で飼っていた「スージー」に瓜二つです~!

2011.12.22 22:22:07 ねこじゃらし URL [Edit] fZZVeMag

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.12.23 10:14:33 [Edit]

*

即答しちゃったんですねっ^^
里親募集しててフルタイムしてらっしゃる方は皆さん
同じように悩んでましたよ 健康な猫でもそうでした
飼いたい気持ちが伝わるだけに心がチクッとします

しかし本当ににてますねぇ^^

2011.12.23 12:56:47 こまち URL [Edit] -

*

すこさんは勘違いからw
でも勘違いしたのも、運命♪
まぐろさんのところに来る運命やったんですね(*^_^*)

無責任な餌やり・・。
けっこう多いですよね・・寂しい老人とか・・。
良かれと思ってやっているんでしょうけど、周りの迷惑も考えないといけませんね。

2011.12.23 18:59:50 nene URL [Edit] -

*

お姉さんと一緒に暮らしていたんですね。
私も妹が嫁ぐまで姉妹暮らししてました。
最初からとらはいたけど、無垢に関しては
私の意見を無視して(とらが神経質だから)
妹が連れてきたんですけど、今では感謝してます(笑)

勘違いからすこやまさんは、まぐろさんの
家族になったんですね。
でもそれが縁というか運命というか。
来るべくして、来てくれたんでしょうね。

2011.12.23 22:21:56 桃とらマン URL [Edit] iWfHidvU

*

まぐろさん、お姉さんと一緒に住まれてたんですね(*^^*)
すこやまさんとは、そんな頃に出会ったんですねぇ★
色んな偶然と勘違いから、すこやまさんが
まぐろさんのお宅に来たんですね(*^m^*)
でも、マグロさんとご縁があって、すこやまさんは
ホントに良かったですよね(^-^)
最後の最後まで、自分のことを愛してくれる人に
出会えたというコトですから★
ねこぴーさんとすこやまさん、ホントに似てる!!(*^艸^*)

2011.12.24 14:16:19 まちゃこ URL [Edit] Aq5NKTKU

*

すこやまさんとまぐろさんとの出会いは
引越しのタイミングと勘違いが重なったけど
まぐろさんのところにくる運命だったのでしょう
すこやまさんもまぐろさんに出会えて
幸せだったでしょうね
ご実家のねこぴーちゃん色合いも似てますね(^^)

素敵なカレンダーですね
早速注文してきました

2011.12.25 03:16:07 はるる URL [Edit] t3..GLOI

*コメントありがとうございます。

そうなんですよ。色々重なってうちへ^^
どんな猫がきてもきっと溺愛したでしょうけれど
やっぱりすこやまが一番かわいい♪

すこやまを病気にしてしまってからは、うち以外に貰われていれば、と
考えてばかりでしたが、すこやまはやっぱりうちの子です。
すこやまがうちに来てくれてよかった。

あいちゃんは在宅仕事だったらお迎えしたかったんですけどね。
すこやまの看病を経験して、自分自身が倒れそうだったので
やっぱり安易には受けられないなぁと改めて思います。

ちなみに姉妹同居でしたが
うちは仲良し姉妹というより超ドライな関係です(笑)

> 鍵コメさま
どうかお気遣いなく~。もう2年だし^^

> はるるさま
カレンダーご購入ありがとうございます~♪

2011.12.25 22:41:37 まぐろ URL [Edit] dVumM21I

Send Comment

Name
Title
URL
Comment
Password
Secret 非公開