里親募集中

全国で大勢の犬猫が待っています。毎年20万頭もの殺処分を少しでも減らすために里親になりませんか?

このブログパーツはサイズを変更できます。里親募集掲載希望やブログへの貼り付け方はコチラをご覧下さい。
ブログパーツ掲載中の犬猫全件はコチラ→『都道府県・保護者別 掲載中一覧』

岐阜から、人と動物の共生を考える

※本日の通常記事は1つ下にあります。


明後日、岐阜大学にて『ヒトと動物の関係学会』(第91回月例会)が開催されます。
どなたでも参加できます。(事前申し込み必要)

以下、転載↓↓↓↓↓ここから(本文中リンクは当サイトによるもの)

『ヒトと動物の関係学会』(第91回月例会)

日時:2011 年12月11日(日)13:00 ~ 17:00(12:30 開場)
場所:岐阜大学 応用生物科学部101 講義室 大学構内案内図
参加費:無料
参加申込こちらの案内[PDF]のFAX・TELへ

【第1 部】基調講演 13:20~15:00
  1)動物福祉の歴史から学ぶ
  演者:石田おさむ 氏(ヒトと動物の関係学会 会長)
  2)人間動物関係学の現在
  演者:横山章光 氏(帝京科学大学アニマルサイエンス学科准教授)

【第2 部】発表 15:20~16:40
岐阜で活動するNPO 等からの発表
  NPO法人 日本動物介護センター 代表 山口常夫 氏
  ライフボート中部         広報 大関徹  氏
  学生団体ドリームボックス        野村伸  氏
  人と動物の共生センター      代表 奥田順之 氏


ヒトと動物の関係学会 第91回月例会

私たちヒトは、動物と共に生活し、これからも動物と生活していくでしょう。けれど共に生きてるからこそ殺処分問題、野良猫問題、災害時のペットとの避難など、様々な社会的軋轢が生まれています。これらの問題は私たちに、ヒトと動物が、そして動物を介在した人間同士が『如何に共に生きていくか』という疑問を投げつけます。本会では、人と動物の共生というテーマを概観すると共に、岐阜地域で活動するNPO等の発表を通して、人と動物の共生の未来について考えます。

主催:人と動物の共生センター(NPO法人認証申請中)  共催: ヒトと動物の関係学会/岐阜大学
後援:社団法人岐阜県獣医師会/財団法人日本動物愛護協会東海統括岐阜支部 ※本事業は、岐阜市市民活動支援事業の助成を受けて実施しております



ヒトと動物の関係学会

ヒトと動物の関係学会は、さまざまな動物たちと、人間とのあいだの良好な関係を形成・発展させるための研究の推進と、それらの成果を社会に還元することを目的に、林良博東京大学農学部教授を発起人代表として1995年4月発足した学会である。学術大会および研究会、公開シンポジウムなどの開催、年数回の学術定期刊行物の発行などを行っている。
ヒトと動物の関係学会では、①動物と人の間の現実的課題をいかに解釈しその対策を講じるかという目的指向的な方向、②動物そのものの特性や人間自身を知り、私たちの知識を豊かにしたいという知的指向的な方向の2つの研究課題の方向性を打ち出している。
本会のでは、人と動物の関係学の見地から、共生への取り組みを概観する。

NPO法人日本動物介護センター

NPO法人日本動物介護センターは、人間と動物がともに生きていける社会の実現を目的に、「動物の適正飼養」を目的とした公演会の開催、年老いた動物を介護施設でお預りする事業、介助犬育成事業などを実施している。3.11の東北地方太平洋沖地震では、被災動物の救援を実施し40頭余りの被災犬を保護している。本会では本震災での活動の様子を発表する。

ライフボート中部

ライフボート中部は、NPO法人犬と猫のためのライフボート(千葉)から2008年9月に独立組織として発足し『一頭でも多く、いのちを救うこと。』を目標に保健所に収容された猫の保護・譲渡活動を実施している。これまでに、岐阜市、名古屋市、愛知県の保健所・動物愛護センターなどから受け入れ、400頭以上の猫の譲渡を行っている。本会では、その活動内容や活動方針について発表する。

学生団体ドリームボックス(本体HPが繋がらないため活動ブログURL)

学生団体ドリームボックスは犬猫の殺処分問題の解決を目的とし、岐阜大学の学生を中心に2007年に発足した学生団体。ポスターによる啓発活動小中学校などへの訪問授業、ペットとの共生を考えるシンポジウムの企画など、学生の柔軟な発想を活かして、様々な活動を実施している。本会ではその活動内容や学生が何を思い活動をしているのかについて発表する。

人と動物の共生センター

人と動物の共生センターは、人が動物と共に生きることで起こる社会的課題の解決を通して、誰もが他者を思いやることのできる社会づくりに貢献することを目的として、今年10月に発足。NPO法人化に向け準備中。現在は犬猫の譲渡会や犬のしつけ会など積極的に行っている。ボランティアではなく社会起業として経済性を担保した事業としてこの分野に取り組んでいくことを旨とし、その展望について発表する。

以上、転載↑↑↑↑↑ここまで


ヒトと動物の関係学会発起人代表の林良博東京大学農学部教授。って覚えのある名前だなーと思ったら
動愛法改正の中央環境審議会動物愛護部会の部会長と動物愛護管理のあり方検討小委員会の委員長を務めている人だ。

学会という名ではあるものの一般市民に向けた内容のようです。
興味とお時間のある方はぜひ。
私も参加します。

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 4.動物愛護|Comment1件 |TOP

クリックするだけで企業があなたに代わって募金します。

FONT by 素材屋405番地

Comment

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.12.10 13:39:42 [Edit]

Send Comment

Name
Title
URL
Comment
Password
Secret 非公開