里親募集中

全国で大勢の犬猫が待っています。毎年20万頭もの殺処分を少しでも減らすために里親になりませんか?

このブログパーツはサイズを変更できます。里親募集掲載希望やブログへの貼り付け方はコチラをご覧下さい。
ブログパーツ掲載中の犬猫全件はコチラ→『都道府県・保護者別 掲載中一覧』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet スポンサー広告 |TOP

京都2013春 3回目 旅編


4月11日(木)。京都日帰り詰め込み旅行納め。

今回のコース。
京都駅→鴨川を北上→1.『白沙村壮 橋本関雪記念館』 →2.『UCHU』→3.『二条城』
→4.『京都国立博物館』『狩野山楽・山雪展』)→5.酒。


毎度おなじみ『京都サイクリングツアープロジェクト』で自転車調達。


鴨川に並ぶ小さな水路沿いに北上。


鴨川に出て



1.『白沙村壮 橋本関雪記念館』
橋本関雪の邸宅。銀閣寺参道近く。
(橋本関雪:日本画家。ボルゾイの絵サルの絵が有名かも)







花も多く。


敷地の外から。



哲学の道で。中国語を話す新郎新婦・・・ではなく雑誌か何かの撮影だったらしい。



2.『UCHU』
チャイ、ココア、フルーツなど色々な味の落雁ショップ。デザインもカワイイ。お取り寄せも可能。
(ちなみに私は落雁はあまり好きじゃなかったけれど、とっても美味しかった♪)



3.『二条城』


彫刻が好きー。生まれ変わったらなりたい職業No.2は欄間職人。


庭で鳥撮りすぎて時間切れ。ほんの一部しか見れず。



4.『京都国立博物館』『狩野山楽・山雪展』


今回のメインはこれ。だったんだけど・・あまり楽しくない。動物が少なかったから。
どうやら日本画が好きというより動物を描いた日本画が好きと気づいた春の日。

錦市場に自転車返却。
市場はほとんど閉店で買い物できず、通りがかった飲み屋へ。



と、この店が大当たり!外に出ているメニューが安かったので入ってみたら
白衣を着た板さんと着物を着た女将さん。一瞬怯む。
タイミングのいい接客に美味しい料理。でも安い。ついつい居心地がよくて新幹線を1時間遅らせる。

5.『京料理 あと村』
お店の方の話によると、仕事帰りの会社員に寄ってもらおうと価格を抑えたメニューで四条店を出したとのこと。
焼酎も多い。焼酎・日本酒とも500円か600円なので、いっぱい飲みたい人は特にお勧め(笑)

これでしばらく京都旅行はあおずけ。でも秋の京都もいいんだよなー。

スポンサーサイト

コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 旅行記|Comment0件 |TOP

京都2013春 3回目 鳥編


カモ隊。



尻尾くるん。


いつも時間が足りなくなるので今回は鴨川スルー・・・できなかったのは、
初めて見るこの人がいたから。



ダイサギ。目が緑なのは繁殖期なんだって。



ツバメ。



狩り中なのか、低空飛行のトンビ。

大きい画像はこちら。

そういえば。ヒトの食べ物を狙うので注意、という看板もあったなぁ。




白沙村壮のエナガちゃん


とメジロちゃん。



二条城のツグミちゃん。



この日、二条城で一番人気を集めていたのは


この人。アオサギさん。


30分くらいこの場所で撮影していると
言葉は分からないけれど、各国の参観者が「あの鳥、見てみて!」「どこ?わ、かっこいい!」的な会話をみんなしてました(笑)

その中でも、関西弁だけは
「あれ偽もんやろ」「んなわけあるかいな」「お、動いた!」
「置もんの鳥やろ」「いや本もんやろ」「お、動いた!」
と、テンプレートでもあるんかっちゅーくらいお約束な会話をみんなしてました(笑)


「ぶるぶるぶるっ」

ダチョウっぽい。

むくむく。


体が大きいので機敏な動きは苦手な模様。

ぴょんっ


おっと


ジタバタ ジタバタ


わたわた わたわた



やっぱりダチョウっぽい。


チョコボっぽくもある。




→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 旅行記|Comment5件 |TOP

尽くしても貢いでも


仙台写真の整理が終わらないので、GW中の我が家の様子を。


お正月休みにしまこと約束していた簡易キャットタワーを完成させました。
木工用ボンドを使って乾くまで2日・・・のつもりが半年近く放置。


半年前に作っておいた棚板を金具で付けて簡易タワー。



そんな警戒せんでも・・・。


逃げんでも・・・。



乗っけてみた。


おそるおそる立ち上がらんでも・・・。



おもちゃを乗せてみた。


ああ、もしかして。


やっぱり。





終わりかいっ!



飼い主の愛情、報われず。

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪

里親募集

■三重 『にゃんにゃん里親募集中』より、愛花(あいか)ちゃんの里親さん募集中です。

保護主さんからの紹介メッセージ
>知らない場所、知らない人には最初ビビリますが
>慣れるとスリスリ甘えます。
>抱っこは好きではありません。
>知らない猫も苦手です。

(募集詳細は画像をクリック!)


里親募集ブログパーツ掲載希望者さんを募集しております。詳細はHPをご覧下さい

三重県鈴鹿市にある『猫カフェ 和ん亭(なごんてい)』では保護猫の里親会場も兼ねています。
常駐スタッフ猫さんと、常に入れ替わる里親募集猫さんが待ってますよ。


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 猫大工(DIY) 猫工作 猫絵|Comment8件 |TOP

仙台日帰り弾丸ツアー その1


4月25日(木)。行ってきました宮城県仙台市!

今回のコース。滞在時間は7時間。

1.『仙台コミュニティサイクル DATE BIKE』→2.『定禅寺通ケヤキ並木』→3.『せんだいメディアテーク』
→4.『西公園』→5.『瑞鳳殿』→6.『仙台城跡』 →7.『仙台市博物館』



いえーい。東北新幹線。


仙台到着。第一動物発見。伊達ペギ宗。




1.仙台駅西口前、七十七銀行の緑のビル1階『仙台コミュニティサイクル DATE BIKE』で自転車調達。
事前に聞いてはいたものの、行ってみたら仙台はかなりの坂道!電動自転車大活躍。


駅からすぐ、広くて綺麗なアーケード商店街クリスロード。



街中はどこを走っても大きな街路樹で緑がいっぱい。さすが杜の都。


2.一番有名な『定禅寺通ケヤキ並木』は、中央分離帯が歩けるようになっています。時期が少し早かったのでまだ葉っぱ少な目。



3.『せんだいメディアテーク』
2013年に建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞した伊東豊雄氏の代表作。
コトリ子さんに教えてもらって外観だけ見てきました。



4.『西公園』に着くとC60型蒸気機関車。


歩道も大きな街路樹で気持ちいい。


つい誘われて公園内を散歩。





市内にはレトロな外観の『るーぷる仙台』が走っています。
平日は30分間隔、土日祝は20分間隔(6月2日までは20分、15分間隔)の運行で市内中心部の観光スポットを巡ります。観光なら一日乗車券(600円)がお得。



駅前から西へ離れて行くと電動自転車じゃなかったら絶対走れないアップダウンが多くなりますが、
緑が多くて走っていてどこも道が気持ちいい。
坂を登ったら、広瀬川どーん!


テンションあがって、たぶんめっさニコニコしながら走っていました。


その2へつづく。

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 旅行記 |TOP

仙台日帰り弾丸ツアー その2


長い長い坂を登ります。



坂をほぼ登りきったところにある瑞鳳寺。(ずいほうじ)



高尾門をくぐると


裏には茶室が。





坂を最後まで登りきって、さらに
5.『瑞鳳殿』境内の階段が続きます。



瑞鳳殿(伊達政宗を祀る霊屋(おたまや))の門。




八重咲き水仙。



瑞鳳殿。




「瑞鳳殿」の額の上に竜。


屋根には竜頭瓦。



柱には彫刻獅子頭。


阿吽ですね。



ぐえぐえちゃん1号。


ぐえぐえちゃん2号。あ、これも阿吽だ。





伊達家の家紋。竹に雀。すずめちゃんも阿吽ですよ。






階段を上って


感仙殿(二代藩主伊達忠宗の霊屋)と、


善応殿(三代藩主伊達綱宗の霊屋)。(奥)



ここはゆっくりとした時間が流れていました。


木を見上げる。(左下に人が3人いるのが見えますか?)




その3へつづく。

→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 旅行記 |TOP

仙台日帰り弾丸ツアー その3


その1はこちらからドゾ。


再び広瀬川どーん!を越えて



仙台市博物館前の坂。ロードバイクを押して歩くお兄ちゃんを後目に電動自転車でスイスイ登ります。


大手門ルートから城跡へ。
(6月2日までは歩行者およびタクシー、バスのみ通行可。震災復旧工事の状況やイベント等で変わるようなので事前に確認して行ったほうがよいです)



6.『仙台城跡』到着。



180度の絶景。ぜひコチラの大きな写真でスクロールして見渡してみて下さい。

5枚の写真を繋げているので、同じ建物が2つあるとか探しちゃダメ!

大体こんな範囲・・・のはず。



『本丸会館』で海鮮丼。



城跡からの帰りは巽門コース。


震災後に行った人のブログで自転車通行止めではないとあったので通ってみたけれど、
落ち葉と砂で滑りやすく乗るのはちょっと無理。歩いて降りていくと・・・


途中から通行止め。歩行者のみ通れる岩場を電動自転車を担いで渡り、階段を降りる。



今回の旅の目的。

『若冲が来てくれました』


アメリカ人コレクター、ジョー・プライス氏と悦子夫人の
東北の人々の慰めになれば、東北の子供達に元気を、との思いから企画された
宮城・岩手・福島の3県を巡回する展覧会です。(インタビュー記事

7.『仙台市博物館』




最初はさすがに日帰り東北は時間的にも金銭的にも無理、と諦めていたのですが
あらゆる交通手段を調べつくし、時間はなんとかなると分かりGWの予定に。
毎日仙台の天気をチェック。雪が降ったり雨が降ったりの中で1日だけ降水確率0%!晴れ!高気温!が翌日。
職場で休暇をお願いして許可が出たのが夜8時。ひゃっほーい。


今回の展覧会は子供向けに構成されており、図録も同様に子供向けの題名とゆるい説明文で楽しく見られます。
(Amazonでも購入することができます。→若冲が来てくれました‐プライスコレクション江戸絵画の美と生命

五色沼のオシドリちゃん。


昔の人はこうやって写真で見ることができないのに、正確に描写できるのがすごいですね。


でも、オシドリちゃんのオシリがまん丸ポワポワなのは若冲さんも知るまい。



仙台駅で両手いっぱいのお土産を買い、『利休』で牛タン弁当をテイクアウト。
東北新幹線の中で晩酌。伊達政宗麦酒がかなり美味しい。オススメ♪



牛たん味噌、牡蠣味噌、日本酒、うーめん、仙台麩を購入。仙台味噌、醤油、笹かまが購入できず残念。

会社に持って行った煎餅と牛たんプリッツも好評でした。


若冲の鳥獣花木図屏風(図録表紙の枡目の絵)はガラスケースなしで直に見ることができます。
災害で亡くなった動物達が天国にいることを思い、弱肉強食の動物が平和に共存するこの絵は仏画だと思った
という夫妻の言葉がすっと入ってきました。

プライス氏の日本画コレクションは前回2006年が「最後の里帰り」であり日本では二度と見られない、
それがもう一度日本へ、ということで思い切って(半ば勢いでw)行ってよかったです。

一番よかったのは、仙台という街に来られたこと。
しまこと暮らしているうちは日帰り旅行しか行けないので、東北に行くなんて思ってもみませんでした。
実際にこの目で見て、仙台が大好きに。住んでみたい街です。
一泊できたなら仙台市だけじゃなく海岸のほうにも行ってみたかったなぁ。

ちなみに当初は地元商店街巡り&地酒と仙台味噌を買いに行こう計画もあったのですが
時間と荷物の都合で諦め。各商店街のお店を紹介する『ぶらり仙台まちめぐり』
行きたい店をチェックし、あとでまとめて印刷できるという中々秀逸なサイトです。

宮城県全体では、『仙台・宮城デスティネーションキャンペーン』という観光キャンペーンをやっていますよ。
(6月30日まで)


『若冲が来てくれました 開催地情報』
5月18日(土)~7月15日(月) 『岩手県立美術館』
7月17日(土)~9月23日(月) 『福島県立美術館』


→ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet 旅行記|Comment12件 |TOP

クリックするだけで企業があなたに代わって募金します。

FONT by 素材屋405番地

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。