里親募集中

全国で大勢の犬猫が待っています。毎年20万頭もの殺処分を少しでも減らすために里親になりませんか?

このブログパーツはサイズを変更できます。里親募集掲載希望やブログへの貼り付け方はコチラをご覧下さい。
ブログパーツ掲載中の犬猫全件はコチラ→『都道府県・保護者別 掲載中一覧』

せともの祭2010

9月11日(土)12日(日)に開催された『せともの祭』(愛知県瀬戸市)に行ってきた。
日本三大陶器祭のうちの1つなのだそう。

目当てはもちろん柴田礼美さん。


(当ブログでの過去の紹介記事はコチラコチラ

まずは柴田さんの作品。

の前に、ちょこっと訂正。
以前、柴田さんの作品を「和の器」と書いたことがあるが
各所の文を見ると「中国風」と紹介されている。


1.水紋下の金魚と蓮の碗。

思わず猫も身を乗り出す



2.蓮の花に戯れる金魚のゴブレット。

猫もウットリ



3.鹿に紅葉。タレと薬味入れに。(右上のカエルは前回の個展で買ったもの)

猫の手にちょうどいい




柴田さんと一緒に出店されていた大澤奈津子さんの作品。

大澤さんの作品も唐模様の細かい絵付けや、幾何学模様や魚柄など
不思議な雰囲気のある器達。


4.ふぐ?と聞いたら「いえ、魚っぽいの適当に描きました」と返ってきたなんかの魚の小鉢。

猫的にも気になる



5.にょろねこ

ワレワレハ猫セイジンダ。チキュウヲセイフクスル。



にょろ達は横に全部違う草花が描かれていて可愛い。

オイヤメロ。ソコハ見ルナ。



普段、猫モチーフや猫グッズは買わないのだが、ヌボーっとした顔につい手が出た。


ついでに。純和風の猫




柴田さん作品のモチーフとなる動物達は皆、ゆる?い雰囲気。
ちなみに大澤さんは猫モチーフも多いらしい。

不定期で作家モノ陶器の販売イベントを行っている東京のキッチンスタジオ『リバリスランド』さん
で見たにょろねこの箸起き・・・すっげかわえぇ。

イベントでは柴田さん作品も。猫モノも多いようなので関東の方はぜひ。


大きい写真でじっくりと。(クリックで別ウィンドウ表示)



帰宅後。器達を出して気づいた。
金魚、金魚、鹿、魚。偏っとる。

確かに1つ目の金魚は一目で虜になったけど。

だって、柴田さんの金魚


「元気出せよ」って慰めたくなる顔してんだもん。。。


ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります♪



せともの祭には初めて行ったのですが、店も品も想像以上の数でした。
カケなどだけでなく、作家の方の納得のいく仕上がりでない、「試しに作ってみた」などのアウトレットも。

「陶器の器」以外にも本当に色々なものがあって見るだけでも楽しかったです。


コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
よければ残していって下さいね。

tweet インテリア・雑貨|Comment8件 |TOP

クリックするだけで企業があなたに代わって募金します。

FONT by 素材屋405番地